審査のゆるいカードローン

審査のゆるいカードローン=危ない業者かと思ってたけど違うんですね

結婚してすぐに妊娠したので仕事を辞め、出産と子育てに追われる日々を送っていましたが、子どもが3歳になり、幼稚園に通い始めると同時に近所の飲食店でパートを始めました。本当は子どもが小さいうちは働くつもりはなかったのですが。不況で夫の給料は上がらず、ボーナスもだいぶ減ってしまいました。2年前に購入したマンションのローンの支払いもあり、家計がかなり厳しくなってしまったので、やむを得ず働き始めたんです。

ただ、問題なのが幼稚園のいわゆるママ友付き合いでした。子どもには小さいうちから良い教育を受けさせたいと思っていたので、少し無理をして地域でも評判の良い私立の幼稚園に入園させたんです。そういうところに通わせているお母さんって、やっぱりけっこう余裕のある人が多いみたいで、だいたい週に1回くらいはランチとかお茶のお誘いがあるんですよね。しかも行くお店がそこそこお高いところばかりで、ケーキセット1500円なんて言うのが当たり前なんです。ママ友付き合いだけで月に1万円、2万円の出費になってしまうことも珍しくありませんでした。

正直、かなり節約して子どもの幼稚園にかかるお金などを捻出していたので、このママ友関係の出費はちょっと家計に痛かったんです。でも、あんまり参加しないと付き合いが悪いと言われて嫌われてしまうし、そういう情報ってすぐにネットワークで広がっていくんです。子どもまで遊びに誘ってもらえなくなってしまったりするんですからたまりません。

でもあるときどうしても厳しい月があって…。それでも、毎週恒例のランチに参加できなかったら外されてしまうかもと思うと、欠席の返事ができずにズルズルと過ごしてしまいました。どうしようもなくて悩んでいた時に、ちょうどカードローンのCMを見たんです。それまでお金を借りるなんて考えたこともなかったんですが、初めて真剣にそのCMを見ている自分がいました。

改めて考えてみると、カードローンというのがすごくいい手段に思えたんです。昔はお金を借りるって危ないことだと思っていましたが、CMで見る限り最近はかなりクリーンなイメージが強くなっているようでした。分割で返せば返済も何とかなるでしょうし、借りてみたい!と強く思いました。

ただ、気になることがありました。私の収入でも借りられるのかということです。夫には、ママ友付き合いのためにお金を借りるなんて絶対に理解してもらえないので、こっそり自分の名義で借りるつもりでした。でも、パートで働いてはいるものの、子どもが幼稚園に行っている数時間程度のことですから、月に5万円にもなりません。私のようなパートの主婦でも大丈夫な審査の厳しくないカードローンを、ネットで必死に探しました。そしていくつか主婦でも申し込みができるところを見つけたのですが、その中に聞いたことがある企業名があったので、迷わずそこに申し込みをしました。

結果として、その日のうちに審査通過の回答が来て、無事に借り入れをしてママ友会に出席することができました。審査のゆるいところって、なんとなく危ない会社ばかりなのかと思っていたんですけれど、そういうわけじゃないんですね。今のところ、何の問題もなく、順調に返済を進めています。足りなければ借りればいいんだとわかって、すごく気持ちに余裕ができました。カードローン、これからもお世話になると思います。

クレジットカードとカードローンの違いが知りたい!

クレジットカードとカードローン、どちらもカードであることには変わりませんが、その機能に違いはあるのでしょうか。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠が存在します。カードローンと同じような機能はキャッシング枠ですね。クレジットカードを利用してお金を借りるときには、このキャッシング枠を利用することになります。利用方法はカードローンと同じように、ATMでの借り入れとなります。ATMにカードを入れて暗証番号を入力し、必要金額を入力することでお金を借りることが出来るのです。

しかし、クレジットカードとカードローンの違いはあります。1つは限度額です。クレジットカードの限度額は、キャッシング枠とショッピング枠の合計金額になっています。限度額が50万円で、ショッピング枠で20万円使っていたらキャッシング枠としては30万円しか使えなくなってしまうので、クレジットカードでキャッシングするときにはショッピング枠でどのくらいの金額を使っているのか、しっかり確認しておく必要があるんです。カードローンの限度額は特に何かに左右されることはありませんから、50万円が限度額だとしたら限度額になるまで何度でも引き出すことが可能です。

他にも違いはあります。それは返済方法です。基本的にクレジットカードのキャッシング枠は1回払い、カードローンは分割払いとなっていることが多いですね。クレジットカードだとカードローンより金利が高めになっているので、分割払いで払う金利と一括払いで払う金利、どちらがお得かということをあらかじめ比較しておくと良いでしょう。

会社にはもちろん、家族にも内緒の借り入れって可能?

お金に困っているっていうことは、会社の人、近所の人、友人にだって知られたくはないものです。それだけお金の事ってシビアでもあり、デリケートでもあるんですよね。だからと言って困った困ったと放置しているわけにもいきませんから、どこからから借り入れできないかを試行錯誤することになります。でも、この借り入れを家族にも知られないように行いたい、って思ったら可能なのでしょうか。

家族にも内緒の借り入れって難しい気もしますが、最近では誰にも知られずにお金を借りるということも出来るようになっています。まず、家族に知られないようにするには申し込んだ借り入れ先からの郵便物が届かないようにする必要がありますよね。借り入れを申し込むときにテレビ窓口・無人契約機で申し込めば良いんです。この申し込み方法だと、その場でカード発行まで済ませられますから後日カードが送られてくるということもありません。

次に気をつけなければならないのは利用明細書の送付です。これが届いてしまったら家族に借り入れを利用したことがばれてしまいます。でも利用明細はどうしても発生してしまいますよね。それを郵送されないようにするには、利用明細をWEB上で閲覧できるサービスを申込めば良いのです。借り入れ先にもよりますが、WEB会員などに登録するとWEBでの利用明細閲覧サービスを申し込むことが出来ます。最近はエコでペーパーレス化も進んでいますから、利用明細の発行がなくなれば借り入れ先も助かるんですよね。家族にもばれませんし一石二鳥です。

とはいえ、滞納をしてしまった場合はどうしても督促の郵便物や電話がきてしまいますからばれてしまう危険性が高まります。どうしても内緒にしたいということであれば、毎月の返済をしっかり行うことも忘れないようにしましょう。

個人事業主が利用できるカードローンはあるの?

カードローンってどうしても個人向けに比較的少ない金額の融資をしますよ、という借金の1つだっていうイメージがありますよね。確かに、個人向け少額融資を売りとしているところもありますから仕方ありません。しかし、カードローンは何も個人だけが対象となるわけではなく、個人事業主だって利用できるものがあるんですよ。

個人事業主を対象としたカードローンを商品として取り扱っている消費者金融・銀行も少なくありません。個人事業主を対象としたカードローンも、カードローンの特徴である担保なし、保証人なしということは変わりません。保証人を準備するってなかなか大変なんですよね。その面倒がないっていうのは嬉しいものです。

カードローンを個人事業主が利用する場合は、個人が利用する場合と異なる点があります。それは必要書類に事業を証明する書類が必要になるということですね。身分証明書と確定申告書、そしての納品書や発注書・領収書など事業を証明できる書類を提出すれば申し込むことが出来ます。お金の利用目的も事業目的だけではなく生活費として利用することも出来ますから融通が利くんです。これも嬉しいですよね。

ただし、普通に融資をお願いするよりも金利が高めになるのは注意しなければいけません。また、利用限度額もカードローンは比較的少額なものになりますから最大でも300万円~500万円ということになります。そして、なかなか最大金額での借り入れって認めてはもらえませんからそれよりも少ない金額になってしまいます。ちょっとした借り入れ・融資だと思うようにしましょう。

申し込む前に理解して!カードローンの限度額とはどういうもの?

カードローンって申し込んで審査に通ればいくらでも自由に利用できるというものではありません。申し込んだときの情報を元に、この人にはいくらまでお金を貸すことが出来ると、カードローンを扱っている消費者金融や銀行が判断するんです。つまり、その人その人で利用できる金額が決まっている、その決まった金額が限度額です。

カードローンの限度額は人によって異なります。なぜなら、人によって収入や勤務先・年齢が異なるからです。これらの状況が異なれば、返済できるための能力も異なるわけですから、すべての人が同じ金額を借りることがはできませんよね。やはり貸す側としても借りる側の返済能力をしっかり確認することが必要なんです。

限度額とは分かりやすく言うとどういうものなのでしょうか。例えば、限度額が100万円だったとします。まずは50万円借りました。その50万円の返済が始まりますが、まだ返済し終わっていないときに20万円必要になって追加で借りることにしました。この時点で借りた金額は70万円ですが、限度額の100万円以内なので特に問題なく普通にATMから引き出すことが出来ます。さらに追加で40万円必要になりました。この40万円を足せば借りたい金額としては110万円になりますので、限度額をオーバーしてしまいます。つまり40万円を新たに借り入れすることは出来ないんですね。最初の50万円を返済し終われば、借りているお金が20万円だけになりますから限度額まで80万円余裕が出来ます。これで新たな借り入れが可能となってくるんです。

その限度額ってどうやって決まるのでしょうか。詳しい算定基準は各消費者金融・銀行によって異なりますが、消費者金融であれば総量規制に従わなければいけませんので、どんなに高くても年収の3分の1までしか借りることができません。総量規制とは貸金業法で決められた、お金を借りることが出来る上限金額です。法律で決まっていますから、限度額がこの総量規制を上回ることはありません。

カードローンが住宅ローンに関係あるってホント?

カードローンはお金を借りるという意味では借金の1つです。でも申し込みも簡単だし、ATMで簡単に引き出せちゃうから、ちょっとお金がないな、心配だな、なんていうときについつい利用しちゃうんですよね。でも簡単だからと思ってちょこちょこ利用していたら将来的に住宅ローンを申込むときに影響することがあるって知ってますか?

住宅ローンとカードローン、特に関係はないようですがそんなことはありません。住宅ローンもカードローンも、申し込んだり利用したりすると信用情報というものが登録されます。これは氏名や住所だけではなく、いつ申し込んだか、いくら利用したかに加えて、いつ返済したか、返済に遅れはなかったかなどの情報も登録されるのです。

住宅ローンやクレジットカード、新たなカードローンを申込むときの審査では、この信用情報のチェックが欠かせません。お金を貸したら返してもらわなければいけませんから、返してくれることに少しでも不安がある人にはお金を貸したくはありませんよね。そこで、多くのカードローンやクレジットカードを申し込みすぎていないか、返済に遅れはなかったか、不正な利用などはしたことはないか、などを確認して審査を行うのです。

カードローンを普通に利用しているのは良いですが、もし返済に遅れがあったりあまりにも高額な借り入れを繰り返していたり、複数のカードローンを利用している場合は、お金に余裕がない人、困っている人だと思われてしまう可能性があります。住宅ローンは高額な借り入れになりますから、この心配要素が原因で審査に落ちてしまうこともあるのです。カードローンを利用するときには、節度ある利用を心掛けて、返済もしっかり期日を守って行うようにしましょう。

借金の繰り上げ返済がお得なのはどうして?

借金の返済って借金した金額を均等に割った金額を毎月返済するということではなく、残っている返済金額に応じて返済額が決まるという返済方法が一般的になっております。返済残額が多い場合は返済額が多く、返済残額が減ってきたら返済額も少なくなってくるというものです。しかし、返済金額を全て足すと借りたお金よりも多くのお金になります。その差額が金利分です。金利は借りた金額や返済回数によっては高額なものとなることだってあります。金利だけで数10万円という金額になることだってありますから、金利って無視はできないんですよね。

その金利分を抑えよう、出来るだけ支払わないようにしようと思ったら、いかに少ない返済回数で返済してしまうか、ということになります。返済回数が少なければ、その分かかってくる金利の支払いも減りますから、少ない回数で返すのが良いというわけですね。余裕があるときに返済してしまう、それが繰り上げ返済です。

そもそも、毎月の返済額っていうのはこの金額を返しなさいということではありますが、この金額だけ返しなさいということではありません。返済額以上であればいくら返しても良いですし、何回返しても良いんです。返済手数料無料というATMや借金先も増えてきましたから、余裕がある時には少しでも繰り上げ返済出来れば良いですね。

しかし、いくら繰り上げ返済がお得だからと言っても、無理をしすぎて生活できないような状態になっては意味がありません。そこまで無理をしての繰り上げ返済はかえって精神的にも逆効果ですから、ボーナスなどの臨時収入があったり出費が少なかったりした月に繰り上げ返済していくと良いですね。

カードローンの契約で印紙が必要!?代金は誰が負担するの?

カードローンを申し込むと、この条件でお金を貸します、返してもらいます、などの取り決めがありますよね。この取り決めは貸す側と借りた側でしっかりお互いが共通認識を持っていなければいけませんから、契約書という形でその確認が行われます。カードローンはお金を借りるためのものですから、契約書には借りるための限度額も記載されています。そして、カードローンの借り入れで3万円未満の限度額で申し込むなんていうことはないでしょうから、少なくとも契約書には収入印紙が必要となります。この収入印紙代、貸す側と借りる額のどちらが負担することになるのでしょうか。

実は、収入印紙代も含めた諸経費については、金利に含まれていることが多いのです。つまり誰かが収入印紙代として支払うことはなく、お金を借りて返済すると収入印紙代も支払っているということになりますね。金利に諸経費が含まれていないときには貸す側が負担することになるようです。

カードローンの契約を結ぶときには、その内容をしっかり確認するようにしましょう。契約内容には金利や返済についての条件が記載してあるだけではなく、何をしたら利用できなくなるか、ということも記載されています。突然カードローンが利用できなくなれば、困るのはあなたです。利用するにあたっての注意事項については、流し見るだけではなく、しっかりと熟読して、知らなかった、聞いてなかったということがないように気をつけましょう。

年金を担保にお金を借りる事ってできるの?

年金しか収入がなくなってしまったら、年金だけでお金が足りれば良いのですが、それだけじゃどうしてもお金が足りなくなることは出てきます。医療費や冠婚葬祭費などの出費を全て年金収入だけで補うというのは難しいでしょう。でも年金しか収入がない中で誰かから、どこかからお金を借りるというのも簡単ではありません。そもそも、年金を担保にしてお金を借りるということは法律違反ですから、そのような業者がいた場合は確実に違法です。甘い言葉に騙されてはいけません

しかし、年金を担保としてお金を借りることが出来る制度が2つだけ存在します。それが、独立行政法人福祉医療機構が行っている年金担保融資、そして、 日本政策金融公庫が行っている恩給・共済年金担保融資です。

年金担保融資も、恩給・共済年金担保融資も利用できる条件は年金を受給していて生活保護を受けていないということですね。融資額としては250万円までが基本となりますが、年金の年間受取額の1.2倍以内、3倍以内など、利用する年金担保融資によって条件が異なります。住宅費や事業資金を目的とする、医療費などの日常生活費で利用できるなど、利用目的についても制限がある場合がありますから、詳細は問い合わせてみてください。

年金担保融資、恩給・共済年金担保融資の返済は、毎月支給される年金からの天引きになります。つまり、毎月返済額がひかれた状態で年金が振り込まれることになりますから、返済額を除いた状態でも生活できるかどうか考えてから利用する必要があります。また、保証人が必要にもなりますから、保証人を誰にお願いするのかについても考えておかなければいけません。

不動産投資のための借り入れって危険なの?

自分のお金は増やせるなら増やしていきたいと考えるのは自然なことですよね。年金がいつからもらえるのか分からない、そもそももらえるのかどうかすら怪しい状況ですから、資産運用は上手に行いたいものです。そこで、不動産投資を考える人も少なくないと思います。不動産投資はマンションやアパートを一室もしくは複数室購入して、それを貸し出すことで運用していくというものですよね。人によってはマンションやアパート自体を丸ごと購入しちゃって運用している人もいますよね。

ただ、不動産投資にはかなりの金額が必要となりますから、なかなか自己資金だけでは購入することはできないですよね。当然足りない金額を借り入れすることになるのですが、不動産投資のための借り入れが危険って聞いたことありませんか?

不動産投資がいけないことはありませんし、資産運用手段の1つとしては人気の投資なのは間違いありません。では何が危険かということなんですが、自己資金に対して借り入れ額、借り入れ比率が大きすぎる場合が危険なんです。

借り入れ比率が大きいということは、もちろん借り入れ金額も大きいものになりますから返済もそれなりに長い期間かかりますよね。その間、順調に不動産投資できれば良いのですが、借り手が見つからなかったり予定より収入額が少なかったりすれば返済にも支障がでてきます。万が一返済が難しくなってしまえば、せっかくの不動産を手放さなければいけない事態も起こりうるんですよ!

まず、不動産投資での借り入れでは返済に対してシビアなことが多いです。なにせ金額が大きいですからね。もちろん、返済スケジュールを少し変えてもらう、見直してもらうリスケジュールも可能ではありますが、一度リスケジュールを行ってしまうと信用がなくなってしまい、新たな借り入れを行うことが絶望的になってしまいます。

不動産投資を行うときは、借り手が見つかるような立地・間取りの物件を選ぶことはもちろんですが、しっかりとまとまった自己資金を準備してから行うのが望ましいですね。

単身赴任で借金癖の危機!?どうやって防げば良いの?

単身赴任って今時は特に珍しいものではありませんよね。仕事の都合で転勤になる、でも子供がいれば学校のこともありますし、奥さんが仕事していればその仕事を辞めてまで移動する…なんていうのも難しかったりしますから、単身赴任を選択するというのも仕方ないかもしれませんね。

単身赴任すると心配なことっていくつかありますよね。食事は大丈夫かな、掃除・洗濯などの家事は大丈夫かな、など日常生活の心配はもちろんですし、浮気の心配をする人もいるかもしれませんね。離れていればそれだけ隠し事がしやすいということにもなりますから、心配に思うのも無理はないかもしれません。

心配ごとはいろいろ出てくるかもしれませんが、実は単身赴任をすると借金癖がついてしまう、なんていうこともあるんですよ。単身赴任で借金癖がつくなんて、なかなか想像つかない、という人が多いのではないでしょうか。単身赴任すると家族の目から離れることになるわけですから、自分が必要なものは自分で揃えることになります。欲しいものは買えますし、手元で自由になるお金も増えるでしょう。でも、その生活を続けていると今の手持ちのお金では物足りなくなってくるんです。もう少しお金があればこれが買える、これが出来る、そんな心境からカードローンを利用してしまうようになる、ということは十分ありえます。

もちろん、カードローンの利用が悪いということではありません。どうしてもお金が必要な状況は訪れるものです。会社の関係者の冠婚葬祭もあるでしょうし、他にも付き合いでの飲み会もあるでしょう。ちょっと足りなくなった時に簡単にお金を借りることが出来るカードローンは便利ですから、使い勝手が良いものとしてついつい利用してしまいがちです。その利用が癖になってしまえば、返済が終わらないうちに新たな借金を重ねてしまうようになり、自分でも気づかないうちに借金してしまっているという借金癖となってしまうのです。

借金癖にならないようにするには、普段からお金のことについて情報を共有しておくということ、付き合いのためにいくら使っているのかを把握しておくということが大切です。子ども小さかったりご主人がいあにことで普段の生活に追われるだけの生活になってしまうかもしれませんが、ご主人のことを少し気にしてあげるだけでも防ぐことは出来ますから、ちゃんと見ててあげてくださいね。